定期検診

歯医者の定期検診について

定期検診について

ご承知の通り歯科医院で一通りの治療が終わり、その状態を維持出来ているのか確認するために行うのが定期検診です。そのとき、歯科医師たちが何を見ているのかを説明したいと思います。

定期検診では何を見ているか?

1.つめたりかぶせたりした部分の歯の境目とのチェック

金属や樹脂、セラミックと歯の加重に対する変形率や熱膨張率は違います。その誤差をセメントが支えています。経年的な劣化も当然あることです。界面が離れて虫歯が再発していないかチェックします。

2.かみ合わせのバランスをチェック

歯と歯が一日何百回もすれていれば当然減ってきます。ところが、どの歯でもエナメル質の厚みは一定ではありません。これが薄ければ早期に内側の象牙質が出て減りが早まるでしょう。つめたりかぶせたりした部位も、硬さは違うモノです。

それぞれにかかるかみ合わせ力のバランスをチェックします。それによって歯周組織に影響を及ぼしたりしている部分も確認します。たとえば大きく平面状にあたって、側方力が大きくなっているところを適切なあたりに修正したりします。

3.歯周病のチェック

歯周病は残念ながら治癒することがありません。歯周病菌も常在菌なので駆除することは出来ません。病状が落ち着きやすい状態に整えて安定した状態を維持しているかをチェックします。また、歯周病は年齢が上がるだけでリスクがあがる病気です。

今のケアで釣り合いがとれている場合は再発しませんが、再度炎症が起きている部位には追加のケアが必要になります。そういう部分もチェックします。また、1つめたりかぶせたりした部分の歯の境目とのチェック、2かみ合わせのバランスをチェックで説明した事項も、歯周病と密接に関わってくる事項です。

治療が終わったら何も起きないのが当たり前と考える患者さんが多いと思いますが、機能している歯が変化しないわけがなく、その変化が生理的な範囲なのかをチェックするのが定期検診なのです。

定期検診のプロフェッショナルケア

歯周炎、歯肉炎は歯周病菌によって引き起こされる炎症のことです。歯周病菌と歯石とは違うものなので歯石を取っただけでは歯周病は治りません。ただ、歯垢がつきやすいところに あるざらざらした塊の歯石は清掃の邪魔になり、歯垢停滞の原因になるので取ることは重要です。

しかしながら最も重要なことは、歯垢が残る原因になったブラッシングの仕方を変えることにあります。 これは容易なことではありません。何年もやり続けてきた習慣を変えるのは大変な努力が必要だからです。

また、ほとんど自覚症状がない病気のためやる気を維持するのもかなり難しいという問題もあります。 当院スタッフ、特に歯科衛生士が毎回毎回口うるさくチェックしている理由もそこにあります。 さらに、一度歯周炎にかかって、それが安静状態になっても元の状態に戻ったのではないことも大切なポイントです。 今は安定した状態でも以前より悪化しやすい状態であり、これに対抗するため、患者様によるブラッシングと、 我々医院スタッフが歯ブラシの届きにくいところに行うプロフェッショナルケアが重要です。

そのため、一度一通りの歯科治療が終了したのちに、患者様が自宅で行うブラッシングでは足りなかった部分を、 炎症が再発する前に、医院にお呼びしてプロフェッショナルケアを行う、定期検診が非常に重要になってきます。

この定期検診のシステムはほとんどの患者様に受け入れていただき、好評をいただいております。

上矢印
ページ先頭へ
↑
上に戻る

所沢・西所沢の歯医者・歯科、所沢市はーと歯科クリニック

はーと歯科クリニックの電話番号