歯の根の治療

歯の根の治療について

根の治療について

「神経をとりますね。」この言葉、驚きませんか?いくらひどい腰痛でも神経をとって治すことはしません。なぜ歯科だけに神経をとる治療があるのでしょうか?その答えは「歯の中」という特殊な環境にあります。 基本的には歯の中の神経以外の部分には血管はありません。

つまり新陳代謝が行われているのは神経のみ、ほかの部分は変化しない部分と言えます。 この神経の中の血管は非常に細く、虫歯などで炎症がおこると充血して血行不良になり容易に死んでしまうのです。 根の治療とは、死んだ組織、または回復が望めないほど炎症がある神経を取り除き、周りに広がった炎症の原因になる 腐敗物をきれいにして、炎症が起きづらい様に、空いた空間に無菌的にゴムを詰め込む治療のことです。

歯の中の神経は曲がりくねって、また枝分かれすることも少なくありません。それを歯の上から手探りで掃除するかなり 難易度の高い治療です。そのため、再治療の頻度も比較的高いといえます。また新陳代謝の無くなった歯は、枯れ木 のようにもろくなる傾向にあります。さらに、失った歯の部分を補うため土台を立てる必要があり、維持のために金属の杭を 使うことがありますが、この杭のクサビ作用によって、歯が縦割れしてしまう問題もあります。

当院では、この問題を解消するため、グラスファイバーの土台も選択可能ですが、いずれにしてもリスクを伴う治療ということが 言えます。

歯の断面

神経を取らない努力

炎症が神経にまで及ぶと、一般的には痛みが起こり神経に炎症が波及し根の治療になることが多いです。しかし、神経に炎症が波及しても、神経すべての部位で細菌が広がり、炎症が起こり神経が死んでしまうわけではありません。

神経にも炎症に対する抵抗力があり、それ以下の炎症ならば生き抜くことも十分考えられます。つまり、回復が望めない部位のみ神経を取り除き、それ以下の神経は回復を期待して残すという考え方です。

そこで、当院ではマイクロスコープを駆使し、神経の切断面と出血の状態を観察することによって神経の状態を観察し、生き残ると思われる部分から先の神経を残すことを行っています。

我々が、大学で教育を受けたのは30年以上前です。この時の教育では、感染した歯質を除去しているときに神経が露出したら、神経自体に細菌が感染しているので神経をとると教わりました。この考え方は今でも中心的な考えとして残っています。しかし、様々な臨床報告を勘案してみると、残せる場合もかなりあることがわかりました。

取ってしまったらゼロになってしまうのであれば、説明して同意が得られるならばやってみるべきと考えます。

従来通り神経の治療法

炎症に対する抵抗力や治癒能力はどんな検査や診査を併用してもクリアにはできない課題があります。慎重に努力をしても、抵抗力が細菌に負けて神経が死んでしまうことも考えられます。この場合は、従来通り神経の治療を行うことになります。

従来の神経の治療は、生活歯髄切断法という名称で行われてきました。ただ、適応の多くは神経の生命力が高い小児期に限って行われてきました。成人で、神経の周りまでう蝕による歯の軟化が起きているケースでは、水酸化カルシウムが用いられてきました。

これを用いた場合、その効果で神経の器に石灰化が進み神経が非常に細くなる問題点が言われてきました。この場合でも、神経は生き続けるのですが、本来の知覚を残るかどうか疑問が残ります。

マイクロスコープとMTAを用いたい治療法

当院では、特殊なケースの根管充填で用いてきたMTAを応用しています。MTAを用いた場合は、水酸化カルシウムを用いた場合と同じように、切断面に歯の堅い壁を作り、さらに神経の器は細くならない特徴があります。

残念ながら、MTAを用いた治療法は保険適応ではありませんが、後戻りのできない「取り除く」という治療を回避できる可能性があります。マイクロスコープ導入で、利用機会が増えたMTA。よりダメージが少なく、歯に優しい方法であると考えています。

神経を残せるかどうかの瀬戸際の歯にとって、ラストチャンスの治療法として提案しております。

根の治療の流れ

う蝕が深く、不幸にして神経をとらなければならなくなった場合と、根の治療のやり直しになった場合の手順を説明したいと思います。

神経をとる治療

不幸にして神経をとらなければならなくなった場合は、神経が回復不可能、つまり死ぬ方向に進んでしまった場合に行います。まず、健全な歯の部分はなるべく削らず、更に根の治療が効率的に出来るように形成します。すると神経の上の部分がまず露出します。この部分は髄室といいます。

髄室

この部分の神経をしっかりとれるように角の部分(髄角)までしっかり形を作ります。その後、その下にある根の部分の神経の入り口(根管口)を探します。歯の種類に種類によって大まかな数は決まっていますが実際にはそれより多いことが多いので顕微鏡を使って慎重に探索し、取り残しのない様にします。

根管口が見つかったら神経を根の先まで探索し神経を除去します。神経はまっすぐなことはないので、途中で曲がった道に追従できずに進まなくなったり、また誤って別の道を作ったりしないように慎重に行います。

こうして根の先まで器具が到達したら、根の長さを測りそこまで神経の管を削って拡張するようにして腐敗物をきれいにし、さらに根の中に入れる最終的な詰め物が充填できるように形を整えます。

神経をとる治療は結局神経を根の中で一番細く治りやすいところで切っている治療なので必ず炎症が起きます。そこで、だいたいの拡大が出来たらケースバイケースで薬を貼薬します。

次回来院時、炎症が消退していたら神経の入っていたトンネルの空間を埋める治療に入ります。空間が残っていると体液の貯留が起こって炎症が生じるからです。このつめる行為を根管充填といいます。根管充填には、滅菌されたゴムをつめる方法と練り薬をつめる方法があります。いずれにしても、薬は空間を残さずにしっかり埋め安定していることが求められます。

神経をとる治療では、根の先まで神経が完全に死んでいることはまれなので、貼薬をせずに直ちに根の治療を終わることもあります。また、根管充填時には生きている根の先の組織を刺激するので、炎症が起きて違和感や痛みが生じることがあります。通常は、しばらくすると回復します。

根の治療のやり直しの場合

根の治療のうち過去に根の治療をして神経はないが痛みがある、あるいは化膿して膿が出ていたり腫れている場合の治療手順をご説明します。

根の治療のやり直しの問題点は、本来の神経入っていたトンネルが、ふさがっていたり道がそれていることがあることです。当然、神経をとる根の治療より難易度が上がります。また、非常に炎症が強い場合はすぐに根の治療を始められないことがあります。この場合は、一時的に薬を飲んでもらったり、切開して膿を出したりして炎症を弱める治療をまずする必要があります。

やり直し治療の手順は、まずついているかぶせものや土台をとります。当然とれないようについているのでとるには時間がかかり、歯質は極力削れないようにするので顕微鏡を使って慎重に削っていきます。

古い詰め物

すると、根の中の詰め物が見えてきます。この古い根中の詰め物(多くはゴムや練り薬、まれに根の治療器具など)を取り、腐敗した残存物を取り除きます。トンネルの開通や修正を行い、根の先まで長さを慎重に測り、清掃する長さを決定し、その位置まで清掃、拡大を行います。

古い詰め物

清掃は、器具によって機械的にトンネルを拡大するのと薬物によって化学的に拡大します。薬を使って安静と再感染を防ぎ炎症が消退したら根の中に滅菌されたゴムを圧力をかけてつめ根の治療を終わります。

ブログに“根の治療”の情報を掲載しております >>

上矢印
ページ先頭へ
↑
上に戻る

所沢・西所沢の歯医者・歯科、所沢市はーと歯科クリニック

はーと歯科クリニックの電話番号